2011年12月03日

冬季に食べられる夏野菜の不思議・・・・

みなさんこんにちは。管理人の飯島です。今回は野菜・果物を扱うものとしての記事です。

胡瓜、トマト、ピーマンこれらの野菜の共通点は?
そう、夏野菜ということです。

夏野菜は文字通り夏にできる野菜ですが、みなさん一年中食されていますよね。
もちろん栽培技術の発達のおかげなのですが、私的には少々疑問と皆さんに知ってほしいことがります。

冬季になると一般、業者の方を問わず胡瓜、なす、ピーマン、トマトなどの夏野菜がお店に並んでいないと(当社の売り場ですが)必ず今日はないの?と聞かれます。
しかしそもそもこれらの夏野菜が今時期ある方が不思議なんですよ!!実は!!
これらの野菜はハウス栽培で加温(かおん)といって重油を燃やして暖房をつけて栽培されています。
しかもほとんどが九州や四国などの温かい産地でしか栽培していません(12月〜3月7まで)
よって燃料代も送料も夏に比べて格段に掛かっているのです。
ですのでこれらの野菜が冬季に食べられるって本当は結構すごいことなんです!!

お叱りを受けるかもしれませんがこのような手間暇、環境や価格にも無理のかかった野菜をもう少し大切に食べたり、購入してみてはいかがでしょうか?

震災当時は電気、ガソリンなども不足して大変な思いをした方も多いと思います。
そんな思いをしたのですからせめてこのような野菜たちが食べられる日常に感謝しなければならないと思いました。

そして季節にできる野菜たちにも目を向けてはいかがでしょうか?
先のブログにも載せたとおり季節にあった野菜は栽培も容易で価格も低価格、おまけにその季節に合った効能がたくさん含まれています。
たとえばなす、胡瓜は体を冷やす効果が期待できます。水分も多いため夏バテ防止にも効果が期待できます。
白菜は冬には寒さから身を守るため水分を出して糖分を蓄えることにより甘くなります。
(昨日、白菜をお湯でゆでてコンソメを入れただけのスープを作りましたが、これだけでも白菜の甘い香りが広がって、とってもおいしかったです。冬季の白菜にしか出せないおいしさに感激!!)

季節に自然にできる野菜は農薬の使用も少なくて済みます。コストがかからない分価格もリーズナブル。
正にいいことだらけです。

しかし!近年季節の野菜たちが旬の時期に消費が伸び悩み採算割れや、豊作で廃棄処分したりする事例が増えています。
確かに冬季に夏野菜が食べたくなる気持ちもわからないではありません。ですが季節の野菜にももっと注目して環境、コスト、価格に無理のないものを選ぶ機会を増やしていただきたいと思います。

野菜・果物だけではなく私たちの生活の中でも当てはまる事柄はあるのではないでしょうか?
無理や過剰なぜいたくをしないで誰もが安心して暮らせる心豊かな時代が来ることを願っています。
posted by 管理人 at 22:56 | Comment(0) | 日記

2011年10月02日

新人君のブログその5

みなさんこんにちは。綜合青果の松田翔太こと新人君です(笑)

久しぶりのブログですが遊んでいたわけではありません。最近フェイスブック始めましてそちらの方ばかりいじくっていました。フェイスブックやっている人は当社のページ(vfn-marketで検索してください)を探して「いいね!」沢山おねがいしまーす

さて前回のブログでも言っていたとおり行ってきましたよ。南国沖縄〜
天気予報では台風直撃でしたが。。。そこは台風も寄せ付けない男こと新人君。
台風15号は沖縄の手前で迷走して本土には上陸せず僕が沖縄に滞在中はまさかの晴れ!!!
風はありましたが逆に涼しくてちょうどいいみたいな感じでした。ワーイ。やっぱ沖縄最高ww

そしてそして今回のブログのメインネタです。
前のブログで梨について話しましたが今回は梨の生産者様の所にお邪魔した時のお話です!!!

10月某日、うちの社長、梨の仕入れの担当者さんが生産者のところに行くというので同行させていただきました。小さい頃梨狩りに行った事はありますが、気分はまるで社会科見学です。
今回行ったのは水戸から高速で30分くらい、千代田の梨で有名な千代田です。
高速を降りて5分ほど走った所にあったのは立派なお家と広い梨園でした。こちらの梨園の生産者の方は当社で扱っているJA千代田の部会長さんということです。

そんなことを思いながら車を降りると出迎えてくれたのはとてもまゆ毛の立派なご主人ととても優しそうなお母様でした。社長からの前情報で農家の人は頑固な方が多いと話を聞いていたのでとても安心しました。しかも行ってあいさつもそこそこに(じゃあ梨とって食べてくださいと)果物ナイフをくれました。社長は遠慮していましたがぶっちゃけ僕は(やったー)と思っていましたw
千代田梨1.jpg


そしてそのまま園のほうを案内してもらいました。中に入っていきなり思ったのは(低っ)梨の木は横に広がっているのですが意外と低いのです。生産者によって高さは違うらしいのですが、高すぎても低すぎても作業がしにくいらしくちょうどいい高さが生産者さんによって違うのだとか。
園の中に入るとたくさんの梨たちが落ちていました。そう台風の影響で落ちてしまった梨たちです。
千代田梨2.jpg

今年は久しぶりに台風直撃でしたが、台風が来ない年でも冷害や病気などで何らかの被害はあるそうでなんの問題もない年なんてないそうです。
もう梨の時期も終盤なのでなっている梨は少なかったですが、一個とらせていただきました。
大きい実を支えているのに上に持ち上げるとあら不思議、軽くとれました。

大きくたわわに実った果実の重さは生産者さんの苦労を感じました。

ナイフで食べ放題とはいきませんでした、お土産に少し傷のついただけの梨をたくさんいただいて帰ってきました。一個ずつ丁寧に選果しているからこその千代田の梨なのですね!
千代田梨3.jpg

味には全く問題はありませんが、傷がつくと売り物にならなくなってしまうのです。。。そして僕の胃に吸収されたのでありました。


とてもおいしかったです!
今回の訪問で感じたことをこれからの販売、接客にも活かしていきたいと思います!!!

最後に代表の飯島と生産者さんと奥様で記念写真を一枚!!(とったのは僕です!!うまく撮れました)
千代田梨4.jpg

長くなってしまいましたが。また社会科見学行きたいです〜乞うご期待!!!
posted by 管理人 at 18:37 | Comment(0) | 日記

2011年09月16日

新人君のブログその4

まだまだ暑い日が続いていますね。

どうも新人君です。

さて、いきなり個人的な話ですが僕明日から沖縄に行ってきます。

が、が、が、…なんと台風直撃!!!

しかも僕が行くのを待っているかのように沖縄付近を停滞するという…


どんだけ日頃のおこない悪いねん(涙)


もう行けたとしたら泡盛をやけ酒してやりますよ。


まあ新人君沖縄旅行がどうなったかは新人君のブログその5をお楽しみに!!!



さてさて残暑厳しいですがもう秋ですね。秋といえばいろいろありますが
今回は柿の話にしましょう。

柿には「甘柿」と「渋柿」がありますが、これらの違いは渋み成分「タンニン」が口の中で溶けるかどうかできまります。溶けると渋くなり、溶けなければ甘くなります。実がなったばかりのころはどちらも渋みが溶ける「可溶性」タンニンを含みますが、甘柿は成長過程でタンニンが「不溶性」に変化して口の中で溶けなくなり、渋みを感じなくなるのです。

渋柿が甘くなるのは、アルコールや炭酸ガスを使って処理することで、タンニンを可溶性から不溶性に変化させているからです。なお干し柿にすると、渋みは自然に抜けます。

主な産地は和歌山、奈良、福岡などです。

品種はなんと40種くらいあるみたいなので載せるのはやめときます。

栄養面ではビタミンCの量が、日本人がよく食べる果物の中でトップクラス。風邪予防や美肌効果に期待できます。また柿のオレンジ色には、抗酸化作用のあるβカロテンのほか、同じカロテノイドの一種「βクリプトキサンチン」が多く含まれていて発がん抑制作用があるといわれています。

渋み成分のタンニンにはアルコールを分解する作用があり、さらに利尿作用のあるカリウム、酸化還元作用のあるビタミンCの相乗効果で二日酔いにも効果があります。

そんなわけでみなさん今年柿を食べる際には気にしてみてね〜
posted by 管理人 at 20:05 | Comment(0) | 日記