2011年08月27日

野菜・果物の価格について

皆さんこんにちは。管理人の飯島です。
今日は先日紹介しますと約束していた野菜・果物の価格が決まるまでと仕組みをわかりやすくお知らせします。

 まず野菜の価格を決めるのに大きな影響力を持っているのは誰か?ということですがこれは一般消費者の皆さんです。そうスーパーなどに買い物に行っている普通の奥様やランチを選んでいる普通のサラリーマンのみなさんなのです

 えっ?私野菜の値段など決めたことないよ!!とお思いでしょうがその通り。皆さんが市場に行って値段を決めたりスーパーで価格を決めたりしているわけもありませんよね。
 ではどうして価格に影響力を持っているのでしょうか?

 それは現在の流通過程や発注方法に深く関係しています。

今年の夏は暑かったですがみなさん暑い夏に野菜・果物を購入しに行った時にどんな物を買いましたか?そしてどんな物を買いませんでしたか?
 暑い日はやはり菌茸類や根菜類(大根,人参など)はかなりの確率で避けたのではないでしょうか。逆に胡瓜、トマト、スイカなどの水分が多く冷やして食べられるのものは購入された方が多いと思います。
 このように一人一人の買った量は少なくともこの購入商品が関東や関西、あるいは全国に共通したとしたらとても多くの数量が一日に購入されることになります。

 その逆もありでとても売れなかった商品も存在することになりますね。

そうなると販売しているほうは必然的に売れたものは発注を多くするし、売れなかった物は発注を見合わせたり少なくすることになります。野菜果物は鮮度が命ですのでよりシビアに発注の増減をすることになります。

 さてそうすると今度は発注を受けた側がどうなるか?(市場の卸会社や、直販をしている大手の生産者、仲卸業者など)

もちろんお客さんの発注に応えるべく一生懸命に品物を集めます。ここで出荷量と注文数のバランスが取れていれば値段も安定します。

 しかし出荷量に対して発注量が多くなってくるとどうなるか?
ある業者が「うちでは他よりも少し高く買い取るから他に回す分も売ってほしい」
と言い出します。出荷する側としては少しでも高く買い取ってくれるところに多く売りたいですよね。
 そうなると買い手のほうは値段の競争になってうちもほしいから値段を出すよ
という具合に相場が上がってきます
。自分の持っている注文やお客さんに品物を提供できなくなったら信頼も失うし売り上げもなくなりますからね。

この例は今年の7月のスイカの値段にも表れていました。たいてい7月は梅雨のため値段が上がらず安値で取引されてしまします。このため近年では生産者がこの時期にスイカの出荷量が減るように作付をしてきました。(8月に入ってから出荷量が増えるように作っていました)
 しかし今年は6月7月は暑くなるのが早かったため需要が非常に多かったのです。そこに来て出荷量は減らしていたので値段の出し合いになって半ばパニックのような値段になりました。1個2500円の高値のスイカがしばらくの間販売されたのです(通常は1500円前後です)
業界ではこのような状態を もがき といいます。

そして逆の場合はどうなるか・・・・
野菜と果物は出荷を止めることができません。適時に収穫しなければ完熟して破裂したり味が悪くなったりしてしますかです。ですので値段が安いからと言って出荷しないわけにはいかないのです。

発注が少ないのに集荷された品物は・・・いわずと消費されやすいように安値で買いたたかれて売られてしまします。保存がきかないし最近は消費者の皆さんも鮮度には厳しいのでなおさら早く売るために買いたたかれます・・・こうして値段が異常に安くなります。
今年はキャベツがこのような状態になってしましました。暑さが早く来たおかげで消費量が減り、適度に雨が降ったために出荷量が増え長期間に渡って異常な安値が続きました。(暑いときには台所で火を使ってキャベツを炒めるのはやはり厳しいですよね・・・・・)
ちなみに8月下旬にはキャベツの大産地 群馬県で80万ケースの出荷調整、つまりは畑でつぶしてしまうことが予定されています。生産者の皆さんの無念さが伝わる悲しいニュースです。

 よく新聞などで出荷調整、自主廃棄などの見出しを見かけますがこれは出荷するにも段ボール代や運送費、市場や農協に払う手数料(大体販売しか価格の何パーセントを支払います)などがかかるため、出荷するよりも畑で廃棄(トラクターなどでつぶしてしまうこと)したほうが損をしないためです。
皆さんはどうして安く売らないのか?とお思いでしょうが出荷したくても値段が出ないし経費が掛かってしまうためなんです。

長文になりましたがこのような原理で大ざっぱではありますが価格が決められていくのです。やはり需要と供給のバランスが非常にとりにくい業界ならではですね。

次回は出荷される仕組みや流通のお話をしたいと思います。
最後まで読んで下さった方、ありがとうございました!!
【野菜ソムリエから情報の最新記事】
posted by 管理人 at 19:25 | Comment(1) | 野菜ソムリエから情報
この記事へのコメント
詳しい解説ありがとうございます。農家の苦労がしのばれます。
Posted by 水戸在住 at 2011年08月31日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: